お洒落なだけで無く性能にも優れた輸入住宅で楽しく快適に暮らそう

SITEMAP

花を飾っている部屋

輸入住宅の間取りに関するあれこれ

緑のベッドルーム

輸入住宅を建てたいと思ったときには、間取りというのもとても大切になってきます。しかし実は輸入住宅の場合、間取りは日本のそれとは大きく異なる事が少なくありません。しっかりと外国に寄せたいと思うのであれば、ある程度輸入住宅向きの間取りを勉強して柔軟になっていかないといけません。
例えば、海外の家は多くが2回にバルコニーがありません。バルコニーは外観にも響くポイントになりますから、ここでバルコニーを日本の感覚でつけてしまうと、なんとなくちぐはぐな感じが出てしまうと言えるのではないでしょうか。とはいえ、バルコニーがないと困るという方もいらっしゃるでしょうから、そういった場合にはもちろん自分の希望を優先するというのも悪い手ではありません。
また1階部分は広々としていた方が輸入住宅らしい良さが出ます。細かくたくさん区切らずに、ポイントを絞り必要最低限にしていく事が良いと言えるのではないでしょうか。そして日本の住宅の発想にはないような、ウッドデッキというのも一つの輸入住宅らしい間取りのポイントになってきます。ウッドデッキにも様々なタイプや工夫があるので、そこも勉強して一番自分や家族にとって良いウッドデッキを考えてみましょう。

TREND NEWS

TOP